審美歯科での治療

 

従来、永久歯を失うと義歯、いわゆる「入れ歯」という選択肢しかありませんでした。しかし、近年では、歯の機能面はもちろんのこと見た目の美しさにも重点をおいた審美歯科という新しい分野が確立されるようになり、義歯の他にデンタルインプラントという選択肢も加わりました。その快適さと見た目の自然さから、人工歯根であるインプラントの埋め込み手術を希望する人が年々増えているのです。

特に、若くして永久歯を抜歯することになってしまった場合でもさすがに入れ歯には抵抗があるという人も多く、また噛む力を今まで通り維持したいということからインプラントを希望するケースも多く見られます。

インプラントを埋め込むには顎の骨の状態も重要になってきますが、年齢が若いと骨もまだしっかりしていることから手術の成功率も高く術後の経過も良好でトラブルになりにくいのです。

通常、虫歯ができた時にお世話になる歯科医院でインプラント治療を行っている所はまだ少なく、歯科に審美歯科が併設されている、もしくは審美歯科を専門としている医院のどちらかとなっています。

インプラント治療には歯根の埋め込みが終わると上部構造と呼ばれる人口歯の設置があります。この際、他の歯との色や形を考慮し全体的なバランスを考えながらの治療、人工歯の種類や知識は審美歯科の専門分野といえます。

当サイトでは、デンタルインプラントの歴史から埋め込み手術と治療について説明させていただきます。