高脂血症などを防ぐ定期検査|症状が出たらすぐチェック

看護師

種類と方法

悩み

乳がん検診には、非常にいろいろな種類があります。たとえば、問診、マンモグラフィ、超音波による検査方法などがあります。マンモグラフィは手で触れることのできないしこりを発見できます。また、超音波は被爆を心配しなくても良い点があります。

詳しくはコチラ

がん細胞への攻撃力を増大

医者

樹状細胞療法は近年注目されている免疫細胞療法の一つです。樹状細胞療法では樹状細胞と呼ばれる免疫細胞が用いられます。体外に取り出し増殖させた樹状細胞にがん抗原を取り込ませ、体内に戻して提示させます。がん細胞の特徴を覚えた免疫細胞ががん細胞を攻撃します。

詳しくはコチラ

細胞レベルでの治療法です

男性

体をむしばむ細胞にはガン細胞があります。このガン細胞は取り除いていかなければなりません。そのため、今用いられている治療にはNK細胞療法があります。これはガン細胞に対する力が期待出来るのです。

詳しくはコチラ

血液の健康を目指す

医者

動脈硬化の予防

血液中のコレステロールや中性脂肪の数値が高い状態を高脂血症と言い、脂質異常症とも呼ばれます。これは血液がドロドロになってしまう動脈硬化の疑いがあり、症状がひどくなると心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性が高くなります。高脂血症の原因は、生活習慣の乱れが強く影響してきます。偏った食生活や運動不足が、こういった不健康な状態を招いてしまうのです。これを改善していくには、まずはその見直しから始めなければいけません。バランスのいい食事を取るようにし、適度な運動で健康的な血液を目指すことです。この高脂血症は、病院での血液検査で判明することがほとんどです。その高い数値が症状のあらわれであり、遺伝性が高い場合は、手足や顔の見た目に特徴的な症状が出ることもあります。病院ではこのような高脂血症の治療を行っていて、栄養士からの指導で食事を見直し、無理のない運動も勧められます。こういった治療をしばらく続けても効果が見られない場合は、遺伝性の症状が疑われます。その場合も含めて、次は薬物療法となり、動脈硬化を防ぐ薬で経過観察をしていくことになります。

早期発見と治療の取り組み

高脂血症になってしまうと、大きな病気の前触れでもあるので油断はできません。少しでも疑いのある人は特に注意しなければいけませんが、症状に気づくには血液検査を受けることです。血液検査は、会社や自治体の健康診断などに含まれる項目なので、定期的に受けていくことでその状態が分かります。高脂血症は体や心に目立って症状があらわれてくる訳でもなく、もしそうなったとしてもそれはかなり状態が悪化していることを指します。そのため、1〜2年に1回は血液検査を受けて血液の状態を知ることが大切なのです。また、高脂血症の原因は、一部では遺伝性のものがあります。これは特に乱れた生活を送っていなくても若い頃から高脂血症の疑いが出てしまうので、早めに治療をしていく必要があります。健康的な血液の人と比べても、若い頃からそのリスクを多く抱えている状態なので、万が一のことを考えると大変心配です。病気の遺伝は不利なことも多いですが、自分の体質を受け入れて治療に取り組むことが今後を大きく左右します。

イチオシリンク集

  • 医療法人輝鳳会

    体への負担が少ないがん治療に取り組んでいるのが、横浜クリニックです。辛い治療に限界を感じたら、こちらのクリニックに行きましょう。
Copyright© 2015 高脂血症などを防ぐ定期検査|症状が出たらすぐチェックAll Rights Reserved.