高脂血症などを防ぐ定期検査|症状が出たらすぐチェック

看護師

種類と方法

悩み

がんにある種類

乳がん検診には、いろいろな種類があります。たとえば、問診があります。問診による乳がん検診は、しこりがあるかどうかを確かめる作業を意味します。また、マンモグラフィ検診もあります。マンモグラフィ検診は、広範囲にわたって腫瘍があるかどうかを確かめます。ただし、この検診は女性向きではありません。それというのも、若い女性の乳房には乳腺が数多くあるため、ガンと区別しにくいのです。他にも、超音波検診という乳がん検診があります。これは手によるしこりの確認では発見することができない場合です。若い女性向けの検診です。乳がん検診によって良性か悪性かを判断するために、このようにいろいろな種類があるのです。自分に合った検査方法を見つけましょう。

検診方法とは

乳がん検診の代表例には、マンモグラフィ検診があります。マンモグラフィ検診は、乳がんの初期症状を発見するのに非常に有効的です。特に、乳房が大きい女性の場合です。乳房が大きいと超音波が届かないので、マンモグラフィを使います。利点としては、手で触れることができないしこりを発見することができる点です。また、超音波による検診はしこりを発見することができます。エコーを使って臓器の音を画像化した検査です。この画像を見ながら診断することができるので、より確実性を増します。この利点は被爆を心配することがない点、若い女性でもしこりを発見できる点などです。欠点としては、あまりないのですが、強いて挙げるとすると技師の検査能力に依存することです。

Copyright© 2015 高脂血症などを防ぐ定期検査|症状が出たらすぐチェックAll Rights Reserved.