高脂血症などを防ぐ定期検査|症状が出たらすぐチェック

看護師

細胞レベルでの治療法です

男性

NK細胞の特徴

NK細胞療法というがんの治療法がありますが、これはがんに対する細胞レベルでの治療法と言うことができます。NK細胞療法とは、NK細胞と呼ばれる免疫細胞が、検査では見つけることができないような小さながん組織やがん細胞を見つけ出し、それらを撃退できる可能性がある治療法です。それでは、NK細胞の特徴について説明します。ナチュラルキラー細胞のことを、その頭文字を取ってNK細胞と呼びますが、この細胞は独立してがん細胞を死滅させることができます。体内に発生するがんは最終的に、T細胞を中心として様々な免疫細胞が協力し合って死滅に追いやられるのですが、NK細胞はその様な体勢が整う前から、がん細胞を攻撃することができ、がん細胞の増殖を抑えているのです。

治療の流れ

NK細胞療法の治療の流れについて説明します。初めに、がんにかかってしまった患者本人からNK細胞を取り出します。そして、試験管に入れられた培地の中でNK細胞を増やしていくのです。次に、増やしたNK細胞にがん細胞の情報を与えて活性化した後に、再びがん患者の体内に戻すのです。NK細胞療法で用いるNK細胞は、元々がん患者の細胞ですから、体内に戻しても拒絶反応が起こる心配はありません。また、通常のがん治療で見られるような激しい副作用がなく、入院して治療する必要もありません。ただし、NK細胞療法には健康保険が使えませんから、患者は高額な医療費を全額負担しなければなりません。それでも、十分なメリットがあると考えられる治療法なのです。

Copyright© 2015 高脂血症などを防ぐ定期検査|症状が出たらすぐチェックAll Rights Reserved.