高脂血症などを防ぐ定期検査|症状が出たらすぐチェック

看護師

がん細胞への攻撃力を増大

医者

免疫細胞療法とは

がんの治療には手術、薬物療法、放射線治療の三大療法と呼ばれる治療法が主に用いられますが、近年ではこれらに加え免疫細胞療法という最先端のがん治療が行われるようになってきました。免疫細胞療法とは、患者の体内に存在する免疫細胞(白血球)を強化することでがん細胞を退治しようという治療法です。患者の細胞を使用するため副作用がないという長所を持ちます。また、新しい治療法のため三大療法では効果のなかった患者のがんも治せるのではと期待されています。免疫細胞療法は強化する細胞によってさまざまな種類があります。NK(ナチュラルキラー)細胞を用いたNK細胞療法、キラーT細胞を用いたCTL療法などです。樹状細胞療法もその一つで、樹状細胞と呼ばれる免疫細胞が用いられます。

司令塔のような役割

樹状細胞療法に用いられる樹状細胞は、免疫細胞の中で司令塔の役割を果たしている細胞です。樹状細胞がウイルスやがん細胞など異物を発見するとまずその細胞を食べます。食べた異物の一部を他の免疫細胞に提示し、異物がどんな特徴を持っているかを教えます。そして特徴を教わった免疫細胞が異物を攻撃します。これが樹状細胞の役割です。がん細胞は患者自身の細胞のため、他の正常な細胞と見分けるのが簡単ではありません。そこで、樹状細胞療法では異物の特徴を提示するという樹状細胞の働きを利用します。まず患者の樹状細胞を体外に取り出し増殖させます。ここにがん抗原を取り込ませて体内に戻します。大量の樹状細胞によってがんの特徴を覚えた免疫細胞が数多く作られ、がん細胞への攻撃力を高めます。これが樹状細胞療法の仕組みで、ある特定の抗原への免疫力を高めるというところがワクチンに似ているので、樹状細胞ワクチン療法とも呼ばれています。

Copyright© 2015 高脂血症などを防ぐ定期検査|症状が出たらすぐチェックAll Rights Reserved.